Hope World j-hopeの魅力について

j-hope

先日のポストでも書いた通り、私にとってBTSへの扉が開かれたきっかけはジミンでした。

未だに自分にとってはジミンは特別な魅力を放っているように見えるのだけど、今回はジミンではなくj-hope(本名チョン・ホソク。以下ホソクと書きます)について書こうと思います!ジミンについてはまた今度じっくりと。。

ということで、Hope World

先の記事でも書いたとおり、BTSはメンバーが曲作りに参加しています。メンバーの中でも、特に、RM、SUGA、そしてj-hopeが初期の頃から曲を作ってきたわけですが、このHope Worldはj-hopeによる2017年の春頃発表されたミックステープ。

BTSは、通常は商流に乗るBTSとしてのメインの楽曲の他に、インターネットで無料で配信している楽曲があり、その中にはメンバー個人のミックステープがあるのですが、2017年以前にソロのミックステープを既に発表していたRMとSUGAに続けと、ホソクがBTSの活動の合間を縫って、約2年もの時間をかけてコツコツと作り続けてできたのが、このHope Worldです。

曲作りの背景や、影響を受けた音楽、等々は、Time誌のインタビューが詳しいです。この記事で書いてあることもいろいろと興味深いので、また別の機会(?)に詳しく紹介したいところですが…。

で、このHope Worldで私はj-hopeが放つ魅力に気づいてしまいました!

なんてポップ!遊び心に満ちていて、どこか優しくて暖かさを感じる、歌うようなラップ。なにこれすごい。これ全部ホソクが作ったのか。。。。

というわけで、彼の作る曲の魅力に気づいてから、BTSのいろんな曲で、ホソクのパートが前よりも鮮明に耳に入ってくるようになりました。それで、彼の存在によって、BTSの曲に超重要な奥行きが生まれていると気づいたのです。どんな奥行きかというと、、うーん、なんて言えばいいのでしょう。とにかく彼は味わい深い声をしています。普段話すときもラップをしているときも、独特な濁声で、一度認識したら、誰もがすぐにj-hopeの声だ!と分かるような、個性、というか…。

…、あまりうまく言葉にできる気がしないので、ここでホソクと同い年のBTSのリーダー、RMことナムジュンがBTSの2枚目の正規アルバム『WINGS』のビハインドストーリーを語ったvliveで、ホソクが書いた曲(MAMA)について語っているときの言葉を借りたいと思います。

すごくホソクらしい曲。(中略)いい曲だけど、よく聞くとただテンションが高い曲じゃないと感じた。ホソクは外から見たらいつも調子がよくて、リアクションを担当したり、バラエティー番組担当だとかよく言われるが、曲を聴きながら、自分は彼と一緒に暮らしているので、もっと多くの面を知っているので、ただ明るい曲ではないなと思った。ただテンションの高い曲を狙って書いたわけじゃないと思った。

vlive – WINGS Behind story by RM

このナムジュンによるビハインドストーリーは他にも色々と自分の中で感に入るポイントが沢山あるのですが、このエピソードも自分の中でぐっと来たエピソードのひとつ。

曲とか声とかって、不思議なもので、発している人の人となりが伝わってくるよなぁと常々思うのですが、彼が作る曲には、ホソクのテンションが高い(ややうるさい)盛り上げ役的なところ、涙もろくて怖がりで感情がすぐ表に出る人となり、責任感が強くて面倒見がよいところ、等々、が現れているように感じるんですよね。

Hope Worldをきっかけにホソクの放つ魅力に気づいてから、私はラップラインのかっこよさに痺れまくる日々が始まりました。そしてシングルカットされない、単独ライブ以外ではあまり披露されることがない、ラップラインの3人だけがフィーチャーされる曲群(Cypherシリーズとか…)にハマっていくわけですが、この記事では、最後にホソクを語る上では外せない、彼のダンスパフォーマンスについて書こうと思います。

j-hopeのダンスの魅力

ホソクと言えば、やっぱりダンスでしょう!

彼はデビュー前から、既にストリートダンス界の実力者として業界内で知られていたと言われています。BTSのダンスの振付を担当するソン・ソンドゥクもBBCの特集番組の中で、BTSのメンバーで一番ダンスが上手なのはj-hopeと言っていました。

私は、j-hopeのダンスは、群舞で踊っているときよりも、どちらかというとソロの時に魅力が爆発すると思っています。先に書いた通り、ストリート出身なので、決まった振付を綺麗に踊るという感じではなく、かっこよく自分流に崩しているようなパフォーマンスが魅力的だと思います。

BTSのメンバーは、よくファンに向けて生放送でいろいろとコンテンツを配信してくれるのですが、j-hopeには、Hope on the Streetという、ダンスパフォーマンスを生放送などで配信するシリーズがあります。

ちなみに、Twitterの公式アカウントで上げたこのHope on the Streetは、2018年で最も「いいね!」されたツイートだったらしい↓

この、ゆるーく踊っている感じが、よいですね。こういうゆるい感じじゃなく、もっとバッキバキに踊っているときも滅茶苦茶かっこいいです。このvliveとか最高なので、長いですがよかったら見てみてください。ヒップホップをフリースタイルで踊りまくります。途中でジミンも参戦します。最後にテテも出てきます。三者三様、魅力的に踊りますねぇ。。

j-hopeの私的ベストダンスパフォーマンス、とかもそのうち書きたいと思っています!

それではまた~。

コメント